FXに必勝テクニックは存在するのか?

>

テクニックを使う前に

リスクを見極めること

リスクを見極めるとはつまり、損切りというトレードスキルのことです。
この損切りが実行できるか否かで、トレーダーとしての能力の差があると言えます。

明らかに予想が外れて「負け」が確定となった場合は、許容できる損失の範囲内で損切りを行うことが大切です。
文章にすると一見簡単なようですが、実際にはなかなか難しいスキルなんです。
その時点では損をしてしまうため、すぐに決断することができないのです。
FXで勝って利益を出したいという気持ちが強いほど、実行に移すのが難しいというのが人間の性というものでしょう。

損切りとは難易度の高いトレーダースキルです。
しかし、その分このスキルを身につけることで得られるものは大きいと考えられます。
リスクを見極めて損切りを受け入れるということは、「勝ち」につなげるためには必要不可欠なのです。

損小利大の取引とレバレッジの設定

損小利大のトレードを行うとはつまり、「損は小さく抑えて、利は大きく取れるようにする」ということです。
損小利大にすることで、勝ち越せる可能性が高まる、ということが重要なポイントとなります。
具体的には、1トレード当たりの平均獲得PIPSが平均損失PIPSを上回るようにすることです。
なので、期待利益より予想される損失を越える場合にのみ、エントリーを行うようにしましょう。

レバレッジはどのくらいかけるのか、損小利大に基づいて考えるようにしましょう。
稼ぎたいという欲望に負けて、高いレバレッジでの取引を行わないようにしましょう。
FXで勝ち続けるためには、いかに損失を抑えて結果的にどう利益を大きく出すのかということが重要になります。


この記事をシェアする